Thursday, August 14, 2008

Ruins in A1 Community

English first/日本語は英語の後

Many travel guidebooks mention about Lisbon's uniqueness where historical and modern buildings are crowded to each other. How about suburbs of Lisbon? Marisol is an A1 community located 10+ miles south from Lisbon and 3-miles inland from the beach. Many residences are surrounded by their huge, well-maintained yard and facilitated with a personal swimming pool. Some of them are even the 2nd houses where their owners stay only over a weekend. However, (as usual in my blog), I saw many ruins like every 10 building lots. They are generally for sale, vende in Portuguese as you can see my attached pictures. Some of them even seem for sale for more than 10 years, because trees have grown up quite high in their lot. Their walls are fallen in decay. So, if you focus on just such ruins, you feel as if you time-slipped in the Middle Ages. Then, the next question is how about non-A1 suburbs? Almada is the largest city on the south side of the Tejo river. Many new buildings are under construction. Railroad tracks for streetcars are being extended. So, the city is still growing rapidly. But, notable (again) is that those under construction have been already graffitied and are even waiting for being a slum.

リスボンは、歴史的な建物と現代的な建物が乱立するところがユニークだとよく旅行案内本に書いてあります。では、リスボン郊外はどうなんだろう?と思う訳です。マリソルは、リスボンから南に16km, 海岸からは5km程のところにあるトップクラスの住宅地です。多くの住宅が広々とした手入れの行き届いた庭とプールを持っています。それらの幾つかは、週末にしか使わない別荘ですらあるのです。しかしながら、(私のブログではいつもながらですが)、10軒に1軒程度の割合で、廃墟と化した宅地を見ます。その廃墟は、添付の写真にあるようにベンデという案内で、大体売りに出ています。その幾つかは、10年以上も売りに出ているようにすら見えます。というのは、宅地内の木々がそびえ立っているからです。外壁も朽ち果てています。だから、こういう廃墟だけをみると中世に迷い込んだかのように思えるくらいです。では、トップクラスではない郊外はどうなんだろう、というのが次の疑問になる訳ですが、テージョ川南の最大都市にアルマダというところがあります。結構な数の建物が建設中で、しかも、路面電車の線路も延長されてつつあります。そういうことで、この町はまだまだ急成長しています。(またまた)、しかし、注意すべきところは、建設中の建物がもう落書きされていて、スラム化を待っているかのようにさえ見えるのです。

Pictures: ruins (廃墟)

No comments: